店内の様子

庭園

戦後間もなく、二人の若い造園師が造りました。 初代社長の父伊澤末吉は、お二人と京都の庭を見て歩くなどしたそうです。 60年以上の歴史があり、樹々はこんもりと大きくなりました。

街並みも大きく変わり、駅の真裏とは思えない静かな緑の空間です。 たえなる響きで多くのお客様を魅了した水琴窟は、大木の根に覆われてしまい今はお休みを頂いております。


店内

お座敷は個室としての使用がメインになり、大小合わせて7部屋ございます。

1階は脚が楽な椅子席(最大24名)にも対応し、2階の大広間では最大60名まで収容可能です。


レストラン旬石

レストラン席の『旬石』では、お手頃な値段からお料理をお楽しみいただけます。

過去にバーテンがシェイカーを振っていた面影が感じられるカウンターもあり、また違った雰囲気をお楽しみいただけます。

貸切にすることによりリーズナブルに個室としてご利用いただくことも可能です。